教員

退職は人生の一大事?そりゃあそうです。悩む辛さをさぼってはいけない

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

私は、20年間在職した公立小学校教員を早期退職した経験があります。

現在は、身体の療養も兼ねて、

あえて「無職」を選んでいるので、

積極的な労働はしていません。

そんな私は、自分でも驚くほど

退職に後悔をしておらず(笑)

自分の出した決断に自信を持っています。

(それには、ちゃんとした理由があるので、

良かったら下記の記事もお読みください↓)

【教員20年目で退職】後悔なんて正直まったくないという話。教員は、安定安心の公務員です。 退職する際には、それはそれはたくさんの人に 「もったいない」「これから大丈夫なの?」 ...

さて、時々私は

周りの方や読者の方に

こんなことを言われます。

「わこさんは退職を深刻に考えてなくて、いいわね~」

「気楽に考えていたから、きっと退職できたのね!」

最初、耳にしたときは

わこ
わこ
そんなわけあるかーい!

震えるほど悩み抜いたわ!

わこ
わこ
気楽に考えられるほど、

仕事を簡単にとらえてないんだけどな~

と、ちょっと憤慨しましたよ(笑)

退職を後悔していない私でも、

20年も務めた仕事を辞めるのは、とても勇気がいるものでした。

気楽に決断したわけではありません

むしろ、悩みに悩み抜いたから、

今はその決断にすっきりできているのだと思います。

退職に悩む人の力になりたいけど、推進しているわけではない

私は、「休職」「退職」という経験をしているので、

同じことで悩んでおられる方の参考になればと、

このブログを書いています。

だけど、

「みんな、退職した方がいいよ!」

とか

「そんなに深く考えずに、退職決めちゃえ!」

と、推進しているつもりはありません。

むしろ、その逆です。

退職は、その人の人生の大切な節目

間違いなく、大きな転換期です。

なので、決断を下す前に

真剣に、深く、慎重に考えることをおすすめしています。

「想定内」をたくさん持つ

決断をする前に、

想定内

をたくさん持つことを、私は大切にしています。

例えば、私は退職する前に、

以下のことを想定しました。

お金が減って、生活水準が下がる

周りの人から、質問攻めにされる

簡単に転職できるとは限らない

・・・など

なので、実際に退職しても、

「ええー、こんなはずじゃなかった!」

想定外のことがほとんどないのです。

どんなことが起こっても、

「あー、これはすでに想定済みだな」

と思えるので、ジタバタしないのです。

退職など、大きな決断をする際は、

できるだけたくさんのメリット、デメリットを想定し、

その一つ一つに納得する作業が大切だと

私は思います。

退職は簡単に決断できないのが普通

よく読者の方から

「退職するかどうか、なかなか決断できないでいます。」

「どうすれば、スパッと決断できますかね?」

などと聞かれます。

単刀直入に言うと・・・

とことん悩みましょう!

悩む辛さをサボってはだめです。

この一言に尽きます。

退職は、間違いなく人生の一大事です。

今、この難局に向き合うことをさぼって、

安易な決断をしてしまうと、

あとあと後悔するのがオチです。

今こそ、悩みましょう。

決断を下す前に、とことん迷いましょう。

その時の辛さや苦しみは、決して無駄にはなりません。

大きな決断をしようとしているみなさん。

みなさんの揺れ動く気持ちを、応援しています!