好きなもの・こと

象印ステンレスマグはコーヒー1杯分が持ち運べる優れもの!

飲み物を携帯する人って、今の時代は多いですよね。

私も麦茶やルイボスティーを水筒に入れて、お散歩に持って行ってます。

でも、水筒がそれなりに大きくて、バッグの中でかさばったり重かったりして邪魔になっていました。

それに、私は大のコーヒー好きでして、

わこ
わこ
コーヒーを一杯分だけ、温かいまま持ち運べないかな

と考えていました。

そこで今回購入したのが、「象印ステンレスマグ200ml」です!


いやあ、小さくてコンパクト!手のひらサイズです。

さっそくコーヒーを入れてみたので、ご紹介していきますね。

わこ
わこ
持ち運んでみたよ

缶ビールと同じくらいの大きさでコンパクト

届いてまずびっくりしたのが、水筒のコンパクトさです。

缶ビールと並べてみると、ふたの分だけ水筒がやや高いかなあという感じですが、それほど大きさは変わりません。

スリムでコンパクトなのに、きちんと水筒としての機能は備わっていて、かなり優れものです。

これだけ小さいと、バッグの中でもかさばらないし、荷物も軽いですよね。

飲み物一杯分だけを持ち運ぶなら、このくらいの大きさがちょうどいいかなと感じます。

女性の手にすっぽりおさまる

水筒ってたくさん入る分、容器が大きくて持つのが大変ですよね。

この水筒は直径6センチで、握ると手のひらにすっぽりおさまります。

私の手のひらは縦17センチと、ごく一般女性のサイズなのですが、軽々と握ることができました。

握りやすさは、持ち運びにおいて結構大事な部分ですよ。

ふたにストッパーがついている

とても助かるストッパー。

ふたがうっかり開いたり、バッグの中でこぼしてしまったりすることを防いでくれます。

これはわかりやすいストッパーでして、図のようにつまみを横にカチッとスライドさせればOKです。

これで、中身がもれることはありません。

車のドリンクホルダーに余裕で入る

一番の購入の決めては、これでした!

わこ
わこ
車のドリンクホルダーに入るかどうか。

これは車を利用する者としては大きなポイントでして。

私は運転の休憩時に、飲み物を買って車の中で一服することがあります。

コンビニのコーヒーやペットボトルのお茶は、もちろんドリンクホルダーに入ります。

でも、家から持参した水筒って底が広いので、ドリンクホルダーに入らないのです。

わこ
わこ
せっかく持って行ったのにね

この水筒はドリンクホルダーに入る大きさなので、車の中で一服する際に便利です。

もちろん運転中は危ないので飲まないようにしましょうね。

コーヒーを入れてみました

ドリップコーヒーを入れてみました。

水筒の口が小さいので、むりやりドリップをつっこんでいます(笑)

直接水筒の中にドリップを入れるのは、少し厳しいようです。

お湯を注ぐとコーヒー豆がふくらむので、このままでは十分に蒸らすことが難しいですね。

なので、一度マグカップなどにコーヒーを淹れてから、この水筒に移し替えると良いかもしれません。

わこ
わこ
私も次からはそうします

水筒の容量が200mlなので、ちょうどカップ1杯分入りました。

外に持って行ったのですが、5,6時間は熱いまま保てていましたよ。

中身を残すことなく飲みきったので、帰りは荷物が軽かったです!

デメリットはあるの?

メリットがたくさんあるこの水筒ですが、強いて言えば飲み口を洗うときに少し手間がいります。

パッキンがあるので、洗うときはここを外して洗います。

この手間がおっくうだなあと感じる人もいるかもしれませんね。

象印ステンレスマグはコーヒー1杯分が持ち運べる優れもの!

私はコーヒー専用として購入したこの水筒。

ちょうどカップ1杯分の飲み物を入れて持ち運べるので、満足しています!

これから気軽にお散歩のお供にしたいと思います。

お気に入りの飲み物が、おいしい温度でそばにあるっていいですね。

マイボトル生活をこれからも楽しみたいと思います。

わこ
わこ
以上、わこでした。

この子もマイボトルの仲間入り!