教員

休職は恥?実は恥だと決めつけているのは、周りでなくて自分自身かも。

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

休職をしているみなさん。

また、これから病休や休職をとるか悩んでいるみなさん。

仕事を休むことを

だと思っていませんか?

「恥」とまではいかなくても、

「後ろめたい」「負い目がある」「コンプレックスである」

などの気持ちがないでしょうか?

わこ
わこ
ぎくっ・・・

それ、一昔前の私のことやん!

わこ
わこ
私なんか

休職中の自分を人に見られたくなかったな~

そう。私は休職中の初期、

仕事を休んでいる自分を、

まさに「」だと思っていました。

(まあ、しばらくするとその思い込みは

間違いだと気づいたのですが。)

なので、仕事を休む自分を「恥ずかしい人間」だと

思ってしまう心理も、よく分かります。

今回の記事は、昔の私のように

休職を「」だととらえ、悩んでいる方に

読んでいただけたらうれしいです。

わこ
わこ
一緒に悩みましょう~

海外では、あまり興味を持たれない「仕事や肩書き」

私には海外在住の友達や知り合いが、10人ほどいます。

私自身は海外に行ったことはないのですが、

不思議とグローバルな人間関係に恵まれています。

そんな彼らと話をすると、日本では

日本人特有の「世間体の縛り」があることに気づきます。

海外に住む友人たちは、会話で

「何の仕事をしているの?」

などと、相手の仕事・職種を尋ねることは

あまりありません。

「なぜ私の職業を聞かないの?」

と尋ねたことがあるのですが、みな一様に

あなたが何に興味があり、何が好きなのかは知りたい。

でも、収入を得る手段には興味はないわ。

「仕事=あなた」ではないもの。

と言うのです。

海外に住む人の多くは、

仕事=ただの収入を得る手段

という風にとらえているんですね。

では、日本ではどうでしょうか?

「仕事=大多数の常識」に縛られる日本の現実

おそらく日本では、仕事はこのように

意味づけられているのではないでしょうか。

  • 大多数の常識
  • 生きがい
  • しなければならないもの
  • その人の価値を決めるもの
  • 社会の一人前と証明するもの

このような風潮がある社会で、私たちは日々生活しているので、

「仕事をしない」、または「仕事を休む」という選択肢を

初めから除外しているような気がします。

それがいつのまにか、

仕事をしない=怠け、さぼり、恥、悪

などといったマイナスイメージを作られたのかもしれません。

では、本当に仕事を休むことは恥なのでしょうか?

仕事を休むことには、必ず意味がある

病休や休職を選択せざるを得ない方には、

必ず何かしらの理由があるはずです。

病気、休養、転勤、介護、子育て、家庭の事情・・・など。

「ただ単に、しばらくゆっくり休みたい!」も

立派な理由の1つになりますよね。

意味があって、そのために仕事を休む選択をする

これは、積極的休養(積極的休暇)の1つであり、

人生における前向きな選択です。

なので、「恥」ではないし、「悪」でもありません。

「感情の境界線」を作り、相手と自分を分けよう

周りの人は、仕事を休んでいるあなたを見て、直接

「仕事休むのは恥ですね」

「病休は悪ですね」

とは言いません。

たとえ相手が心の中で、いろいろ思うことはあったとしても、

それは、休職中の私たちには関係の無い感情です。

相手と自分の間に、「感情の境界線」を作りましょう。

人は人、自分は自分。

私たちはちゃんと意味があって仕事を休んでいるのですから、

堂々と過ごしましょう。

周りの目を気にして「休職は恥」だと思い込んでいるのは、

案外、自分自身なのかもしれませんよ。

心のブロックを外して、ひとつ鎧を脱いでみませんか?

わこ
わこ
以上、わこでした。

休むのは前向きな選択である。