好きなもの・こと

【Twitterから生まれた本】80歳小池一夫氏のつぶやきは、人生の幸せや豊かさを教えてくれる

「ふりまわされない

~小池一夫の心をラクにする300の言葉~」

ふらりと入った本屋で、私はこの本と出会いました。

その時は仕事を辞めたばかりで、情緒もなんだか落ち着かない日々。

何かに導かれるように、たまたま目に入ったのが、小池一夫先生の本です。

あてもなくパラパラとページをめくると、はっと気づかされる一言が現れ、悩んでいたことが解かれていく感じがしました。

80年生きた経験から紡がれる言葉たち

優しい言葉はもちろん、耳の痛くなる言葉やギクッとするような言葉もあって。

説教臭くもなくて、すーっと自然に心に入ってきます。

なんでこんなに心に響くんだろうな?と考えてみたのですが。

この本は、当時80歳の小池先生が「人生の先輩としてのつぶやき」を書いているだけなんです。

決して価値感を押しつけたり、読者を変えてやろうという野心などありません。

著者の長い人生経験に基づく実感だからこそ、言葉に重みが生まれるのでしょう。

難しい心理学や自己啓発本を読むより、よっぽど心に響くなあと私は思います。

Twitterから生まれた言葉のサプリメント

この本は、小池先生のTwitterを書籍化したものです。

そう、なんと小池先生は73歳の時にTwitterを始められたのです。

日々つぶやかれる、厳しくも愛のある言葉が話題となり、今では年齢性別を問わずフォロワーが80万人を超えるほど支持されます。

あまりにも反響が大きいので、このたびの書籍化が実現されたのです。

80歳を超えてなおTwitterで発信し続ける小池先生の熱意に、ただただ頭が下がる思いです。

小池先生がTwitterをされていると知り、私もさっそくのぞいてみたんですね。

すると真面目なつぶやきかと思いきや、大体はユーモアあふれる軽口が多くて(笑)

奥様(家人と呼んでいらっしゃいます)の話や、つまらなかったドラマの話、入院中の同室のおばさまの話など。

思わずクスリと笑ってしまうような、ブラックなつぶやきも多くて。

人間くさい文章が良いなあと、私もハマってしまいました。

そんな中、たまに織りなされる珠玉のつぶやきが、また名作で。

140字に先生の思いが凝縮されていて、心に染みます。

文字数が制限されているTwitterで、ここまで人の心を惹きつける文章を過不足なく表現できるなんて。

ただただ感嘆するばかりです。

豊富な人生経験から生まれる金言

小池先生は漫画(劇画)原作者ですが、それまでに様々な職種を経験してこられました。

農林水産省の役人をドロップアウトし、賭博打ちとして生計を凌いでいた時期もあります。

山あり谷ありの振り幅の大きい人生を歩んでこられたからこそ、物事を見つめる視野が広いんだなと思いました。

ご自分の人生経験から生まれた数々の金言。

これからももっと目にできるはず・・・。

そう思ったのですが、実は小池先生は2019年に82歳でお亡くなりになられました。

これからは新しいツイートも更新されないし、もうあのユーモアあるつぶやきが見られません。

なんだかとても悲しくなりますが、遺された言葉たちがここにあります。

私は小池先生の本を何度も読み返していて、言葉を体に染みこませています。

行き詰まったときに、なんとなく手に取って開いてしまう本です。

ご縁と運とタイミングで、小池先生の言葉が必要な方の元に届きますように。