教員

【40代で退職した私】年齢が勇気の有無を決めるわけじゃない

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

40代で退職すると、

「その年で勇気あるねー!」

「私にはそんな勇気なんかないー」

と言われます。

この「勇気」って言葉に、毎回ひっかかるのですが・・・。

わこ
わこ
私、辞めるときに「勇気」ってあったかなあ?

と思うんです。

あのですね、はっきり言って、そんなものなかったです(笑)

勇気とか、度胸とか、覚悟とか。

辞める時って、もうそんなものを考える次元ではなかったように思います。

あるとするなら、「決断する潔さ」でしょうか。

この記事では、40代で退職した私が、実際に辞める際の心境を語りたいと思います。

退職する年齢が勇気の有無を決めるわけじゃない

きっと「勇気があるね」と言われるのは、

決して若くない40代という歳で、仕事を辞めること

に対してだと思うんです。

もし20代の若者が辞めて転職するなら「まだやり直しがきくから大丈夫」と言われるはず。

もし30代の働き盛りが辞めて転職するなら「まだまだ若いから大丈夫」と言われるはず。

でも、40代になるととたんに周りの反応が違います。

なぜか「もう転職するには遅い」という空気になるんです。

だから、40代で退職すると「勇気があるのね」と言われるのかもしれません。

でも、私個人的には、

退職する年齢が勇気の有無を決めるわけじゃない

と思うんです。

20代で早々と退職の決断をする人の方が勇気があるのかもしれない。

50代で長年のキャリアを捨て退職する人の方が勇気があるのかもしれない。

結局、勇気って本人の主観です。

いくつであっても、本人が自分の意思で決められるか。

決めたことに納得できるか。

どんな道を選んでも、本人が満足すればそれでいいのですよね。

年齢で一概に判断はできないものだと思うのです。

私に「勇気」が必要なかったわけ

私は退職するとき、「勇気をふりしぼった」覚えがありません。

なぜなら、退職するのがごく自然な流れだったからです。

ずーっと辞めたくて辞めたくて、機会をうかがっていた30代。

そして、私の願望を後押しするかのように病気になった40代。

もうこれは神様が、私の20年間の多忙な働き方を見て、

「いいかげん仕事辞めた方がいいよ。」

「もっと体を壊してしまうよ。」

と言ってくれたような気がしました。

だから、すごく勇気をふりしぼることもなく、自然な流れで決断できました。

そして、もう一つ。

私に勇気が必要なかったのは、

休職をしている3年間の間で少しずつ気持ちを固められた

からだと思うのです。

だれだって短期間で退職するかどうかなんて決められませんよね。

私は退職するかどうかを最終判断するために、あえて休職を3年間もの長い間とりました。

そのおかげで、慌てず急がず、自分のペースで気持ちを固められたのがよかったのだと思います。

必要なのは勇気より「納得」

誰だって、大きな決断をするときは心が揺さぶられます。

置かれている環境も状況も違うし、抱えている問題も違います。

すごく悩むし、迷うし、気持ちは行ったり来たりです。

だけど、最終的に何か自分なりの結論を出したときは、

果たして自分の決断に「納得」できるか

これを問いかけるといいと思います。

退職すると決めた自分の結論に「納得」いくか。

退職しないと決めた自分の結論に「納得」いくか。

どっちに転んでも、自分で決めたことに心から納得し、満足していれば、それ以上心が揺れることはありません。

あなたは今、無理して「勇気」をふりしぼろうとしていませんか?

無理やり「納得」して言い聞かせようとしていませんか?

どうか、気持ちに正直に。

そして、年齢など関係なく、自分の決断を大事にしてあげてくださいね。

どのような決断でも、みなさんが自分で決めたことに納得できるよう応援しています。

わこ
わこ
以上、わこでした。

自分の決断を大事に。