教員

【40代で退職】他のみなさんはこんな理由で早期退職されています

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

私は40代で、公立小学校の教員を早期退職しました。

このブログを読んでくださっている方は、私が退職したいきさつや理由は、大体ご存じですかと思います。

【教員20年目で退職】後悔なんて正直まったくないという話。教員は、安定安心の公務員です。 退職する際には、それはそれはたくさんの人に 「もったいない」「これから大丈夫なの?」 ...

読者の方の中には、

「わこさんの場合はわかったけど、他の人はどうしてるんだろ・・・?」

「40代で退職した他の人の事例が、もっと知りたい!」

という方もいらっしゃるようです。

なので、今回の記事は、

40代で教員を早期退職した人たち

と題してお送りしたいと思います。

ここで登場する人たちは、架空の人物ではありません(笑)

全員、実際に私が知っている人、知り合い、紹介してもらった人です。

なぜ40代で早期退職することを選んだのか、参考にしてもらえればと思います。

わこ
わこ
みんないろいろあるんだね。

陶芸への夢を追って、憧れの窯元へ弟子入り

Aさんは、私と同じ勤務校の教員でした。

児童にとても優しくて、トラブルめいたことも全くなく、毎日穏やかな授業をされていました。

ある年度の内示の日。

Aさんが早期退職されることが発表され、職員室内は騒然!

だって、問題ごともなく、辞めるそぶりなど全くなかったのですから。

当然、周りの先生たちはAさんに詰め寄りますよね。

「なんでなんで?」「どうして辞めるの?」

Aさんは笑いながら、丁寧にこう話してくれました。

陶芸家になりたいんです。

人生の折り返し地点を迎え、人生の後半は「夢」を追うことを選びました

隣県の窯元へ弟子入りします。

当時20代だった私は、目が点!(笑)

大変失礼ながら、

わこ
わこ
40代から陶芸家になれるのかな?

なんて勝手な心配をしていたのを覚えています。

そのAさん。宣言通り窯元に弟子入りされ、今では有田焼の陶芸家として活躍されているんです!

毎年5月の有田陶器市では、作品を出品されていて、生き生きと仕事をされています。

40代からの挑戦って、苦労もたくさんあったと思うんです。

でも夢を追うパワーって、年齢関係ないんだなと尊敬します!

今ある子どもの環境を第一に考えて

Bさんは、教員でありながら私が受け持った児童の保護者でした。

同じ教員同士ということもあり、私的でも仲良くさせていただきました。

年度末が近づいた頃、Bさんが早期退職する旨をこっそり話してくれました。

私が住む県では、「20年間同一市内に勤務すると、かならず市外へ転勤する決まり」があります。

(現在は20年→15年に変更になっています)

Bさんはちょうど同一市内を20年間満了した時期でした。

そのままいくと、市外へ転勤することになります。

でも中学生と高校生のお子さんを一緒に連れて行くか

決断に相当悩まれたと勝手に思ったのですが、結論は意外とあっさり出たそうです。

私ね、教員という仕事を理由に、自分の子どもには絶対迷惑をかけないと決めていたのよ。

子どもを転校させたくないし、置いていきたくもないから、私が専業主婦になることにしたの。

それまでのキャリアをあっさりと手放し、40代で専業主婦になられました。

仕事より、子育てへの想いがはるかに上で、そんな自分に誇りを持っていて。

すごくかっこいいなと思わせてくれたBさんでした。

自然と向き合うため、農家の道へ

Cさんは、理科専科の男性教員でした。

昆虫や植物にとても詳しくて、何を聞いても優しく教えてくれる先生でした。

放課後も理科室にこもって、実験や観察に没頭。

すごく理科が好きだったんでしょうね。

そんなCさんが辞められると聞いた時は、不思議とみんな納得する雰囲気がありました。

なんとなくCさんは自分の好きな道を歩みそうな感じだったんです。

離任式での挨拶で、こんな話を子どもたちにされました。

私は、自然が大好きです。

植物、昆虫、月や太陽、地球を愛しています。

そんな自然と共に生きる人生を選びました。

私は農家になって、みなさんに喜ばれる野菜を作ります。

まっすぐ前を向いて笑顔で挨拶をするCさん。

そのきらきらした姿に、私はすごく感動したのを覚えています。

これからの不安を考えるよりも、未来に希望を抱いてわくわくしている姿に。

現在は、ご実家の畑や田んぼを受け継がれ、毎日農作業に精を出されていますよ。

40代なんて人生はこれから!

今回は、3人の元先生方の事例をご紹介しました。

みなさんに共通して言えることは、

わこ
わこ
年齢なんて関係ない!!

そう、40代だからなんて考えずに、好きな道を選んでいるんですよね

もちろん、年齢がネックになってしまう場面もたくさんあったことでしょう。

教員を退職したことで、困ったこともあったかもしれません。

でも、自分が決めて選んだ道だからこそ、生き生きされているんですよね。

私はこのような人生の先輩方を間近で拝見して、すごく幸せ者だなあと感じます。

ぜひ見習いたいです!

皆さんのご参考にもなれば幸いです。

わこ
わこ
以上、わこでした。

人生いろいろ。幸せもいろいろ。