教員

【退職の意向】上司に言う前に、この人に先に相談しておこう

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

考えに考え抜いて、ある程度退職の意向が固まった時。

本来なら、そのまま管理職(校長や教頭)に気持ちを伝えますよね。

正式な手順としてはそれで間違いないのですが。

真っ先に管理職へ伝えると、その後話合いや手続きで、結構遠回りすることになります。

ですので、ここは私の経験上、

わこ
わこ
管理職より先に、この人たちに話しとくといいよ

という方を紹介します。

私の体験談

 

校長へ伝えたのが、一番最後だった

私は、退職の意向を管理職(校長)へ伝えたのが、一番「最後の手順」でした。

最後」と書くと、手順を無視したかのような乱暴な人に聞こえますね(笑)

自分で考えに考え抜いて、家族にも相談して。

信頼する周りの人にも相談して。

そして退職の気持ちがしっかり揺るぎないものになったとき。

その時、最終的に正式に伝えたのが、校長ということになります。

つまり、もう気持ちに変動がないと確信してから、校長に伝えました

管理職に最初に言うと、あれこれと入れ知恵をされてしまう

なぜ、管理職へ先に相談をしなかったか。

それは、先に管理職へ伝えると、余計な入れ知恵をされてしまうからです。

例えば、

あと○年勤めてくれれば、希望する地域へ転勤できる予定だよ。

とか

来年まで頑張ってくれれば、比較的ラクな学級を担任してもらうつもりなのに。

などという、不確定な期待です。

上記の言葉は、実は私が校長から言われた言葉なんです。

わこ
わこ
他にもいろいろな言葉で説得されそうになったよ

管理職は、部下の退職意向を聞くと、なぜか一度や二度は引き留める傾向があるらしく。

(これはあくまでも私の個人的な憶測です。

そのような傾向が多々見られるのは、管理職の権限として何か理由があるのでしょう)

なので、管理職へ退職の意向を先に伝えると、気持ちが揺らぐ人がとても多いのです

私の先輩は、ここ6年ほど退職の引き留めにあっています。

毎回「今年ことは辞めるぞ!!」と言ってはいるものの。

管理職の言葉にほだされて、気持ちが揺らぎ、退職撤回を繰り返しています(笑)

このように、気持ちがしっかり固まらないまま先に管理職へ話すと、

あれこれと入れ知恵をされてしまい、気持ちがぐらつきやすいです

結局、退職から遠ざかってしまうのです。

管理職より先に、相談しておくとよい人

事務職員(事務室の先生)

一番のおすすめは、事務室の先生です!

管理職は、自分の部下で退職意向者が出たとき、

  1. 勤務・辞令について → 教育委員会
  2. 退職の手続きや仕組みについて → 共済組合

に連絡をするんですね。

①については、学校での実務に関係することなので校長も詳しいのですが。

問題は②です。手続き上のことはご存じでないことが多いため、共済組合に連絡をします。

すると、共済組合からは

所属校の事務職員からの指示をあおぐこと

と言われるのです。

そのため、最初から事務の先生に相談をし、あらかじめ話を聞いておく方がいいですよ。

事務室の先生に聞いておくと便利なのは、以下のことです。

お金のこと

  • 傷病手当金や障害年金がいくらもらえるのか
  • 退職金がおよそいくらもらえるのか
  • 退職後の社会保険の仕組みはどうなっているのか
  • 国保と共済組合保険の任意継続では、どちらが得か

手続きのこと

  • 退職の手続きで必要なことはなにか
  • いらない手続きはあるか
  • 退職の種類はどんなものがあるか
  • 自分はどの退職の種類にあてはまるのか

他にもありますが、一度にたくさん聞くとちんぷんかんぷんなので。

まずは、お金のこと手続きに関することを押さえておけばいいでしょう。

養護教諭(保健室の先生)

保健室の先生にも、大変お世話になりました。

養護教諭に話しておくとよいことは、以下の通りです。

  • 自分の心身の状態を知ってもらう
  • 自分の体調に応じたアドバイスをもらう
  • 適切な病院を紹介してもらう
  • 必要なら、管理職へ助言してもらう

他にも、保健室の先生に味方になってもらうと助かるなと思うのは、

  • 自分と似た休職・退職事例を教えてもらえる
  • 現場を離れていても、健康診断などの手続きをしてもらえる
  • 退職後も、体を心配して連絡をくれる

などでした。

養護教諭って、基本的に情が厚く温かい方ばかりなので、親身になって相談に乗ってくれるんですよね。

必要な情報は、自分で手に入れること

退職の手続きは、けっこう厄介で手がかかります。

それをすべて管理職から言われるがままに任せていると、遠回りになることが多いです。

事務職員や養護教諭を味方にして、情報を収集し、自分で退職手続きを理解しましょう。

その方が、案外近道だし、お金の面でもお得な方法を選ぶことができますよ。

何でもこつこつ社会勉強です。

あなたの一歩を応援しています!!

わこ
わこ
以上、わこでした。

私もできたから、みんなもできるよ。