教員

【教員を休職中の方へ】私が復職をしないと判断した7つの決め手(後編)

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

私は小学校教員として20年間在職し、

3年間休職した経験があります。

その後は結論として、私は復職をせず、退職を選びました

理由は、

もう私は復職が難しいだろうな

と思うような決め手がいくつかあったからです。

 

今回の記事は、

  • ただいま休職中である
  • 復職したいのか、できるのか、よくわからない
  • 復職を選ばなかった人の体験談が知りたい

という方に向けて、私の実体験をシェアします。

前回は、前編としてお送りしましたが、今回はその続きとなります。

【教員を休職中の方へ】私が復職をしないと判断した7つの決め手(前編) 休職が長くなってくると、 「職場復帰できるのかなあ?」 「本当に復職したいのかわからない。」 などと、悩みます...
わこ
わこ
今回は後編だよ

私が「復職をしない」と判断した決め手

私が

「もう復職は厳しいな」

と判断することになった決め手を挙げますね!

全部で7つあるのですが、

今回は「後編」として、3つ挙げたいと思います。

⑤同僚との接触を、いつまでも徹底的に避ける

職場の同僚たちに、いつまでも会うことができなかった私。

恥ずかしいような気まずい気持ちが多少あり・・・

でもそれより、同僚たちと会ってしまうと、どうしても会話が学校のことばかりになります。

それがきっとすっごく嫌だったんだと思います。

休職を3年とっても、最後まで同僚たちに会うのは徹底的に避けていました。

メールや電話も最後までしませんでした。

これほどかたくなに接触を避けていれば、復職は厳しいかなと思います。

⑥職場の悪夢をしょっちゅう見てしまう

誰しも、職場の夢をみてうなされるという経験、ありますよね?

私もそんなことはしょっちゅうでした。

しかも、その夢がいつもいつも悪夢(笑)

朝起きて、号泣していたこともたくさんあります。

いつまでも職場にとらわれて、その苦痛が夢にまで出るので、精神的にきつかったです。

たまにならいいんですけどね。

わりと頻繁に職場の悪夢を見るので、

わこ
わこ
仕事辞めて、早く悪夢から解放されたい!

と思っていました。

⑦周囲から見ても、復職は難しいと思われる

私の場合は、私以上に周りの人間が

「早く辞めた方がいいと思うよ」

「退職することをおすすめする」

と口々に言っていました。

きっと誰の目から見ても、私の場合は

退職した方が心身共に健康で、幸せになる

と思われていたようです。

本人は悩みの渦中にいるので、客観的に考えることが難しいのですが、

周りは意外と冷静に私のことを見ていて。

家族のように身近な人ほど、私に退職を勧めていたのを覚えています

最終的な決断は、もちろん「自分の意思」で決めるものですが、

周りの意見もあながち嘘ではないし、意外と的を得ているものです。

周囲の人から見て、

「復職は難しいだろうな」

と思われたら、それも1つの参考になる意見だと思いますよ。

自分なりのボーダーラインを決める

以上、私の場合ですが、

「もう復職は難しいだろうな」

と思うような決め手をご紹介しました。

逆を言えば、この7つの決め手と反対の状態であれば、復職は可能だと思いますよ

復職するかどうかお悩みのみなさん。

どうぞご自分なりの

復職するかどうかのボーダーライン

を決めて、判断されてみてはいかがでしょうか?

わこ
わこ
以上、わこでした。

じっくり見極めよう