教員

【家族への退職報告】やっとか!と言われて意外だった話

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

退職を悩むとき、または決断するとき、身内に相談する人は多いですよね。

私ももちろん、家族に話を聞いてもらった1人です。

私の場合は、退職をある程度決めたときに母と姉に話をしたのですが。

それぞれの反応があって、そして面白いなあと思ったので、今回記事にしてみました。

わこ
わこ
身内の意見は参考になる

母に「仕事辞める」と伝えたときの反応

子どもって、親の期待に添いたい一心で勉強したり就職したりする面があると思うんです。

私も、その1人でした。

父を早くに亡くしていたので、就職難で苦労をかけないように必死で教員採用試験を頑張りました。

結構な努力の末に、やっと勝ち取った「小学校教員」の座。

なので、辞めるなんて言うのはものすごく勇気がいりましたね。

わこ
わこ
反対されたらショックだな
わこ
わこ
なんて言われるだろう・・・

「仕事辞めようと思うんだ」とやっと口にした時の母の反応は、

あらー、よかった。

やっと辞めるのね!

でした(笑)

くうー。親の目を気にしてずっと退職するのをしぶっていたのにー(笑)

なんと母は私が教員を辞めることに大賛成でした。

やっぱり話してみないとわからないものですね。

理由を聞いてみると、

ずっとしんどそうに働いていたから、このままいくといつか死ぬんじゃないかと心配してたのよ。

だそうです。

やっぱり親はいくつになっても子どもの心配をするものなんですね。

世間体とかしがらみを考えすぎていたのは私の方で、母は意外にも退職に抵抗は示しませんでした。

それよりも、子どもが毎日いきいきと笑顔で過ごしてくれる方がいいのでしょうね。

姉に「仕事辞める」と伝えたときの反応

私の姉は小学校教員で、なにより現場のしんどさを分かっている人です。

なんて言うかなーと反応を待っていたら、

ああー、やっとね!

報告お待ちしてました。お疲れ様!

でした(笑)

わこ
わこ
うちの家族ってば(笑)

姉は、私が近いうちに辞めるだろうなとは思っていたそうで。

でも私が休職を3年もとっていたので、「まだ辞めないんだろうか?」とうずうずしていたとのこと。

姉から見ても、私は退職街道まっしぐらの人だったのでしょうね。

身内はよく見ているものです

母も姉も、私の退職報告に口をそろえて

「やっとね!」

を言いました。

身内はよく見ているもので、よっぽど私が辞めたそうにしているのが伝わっていたのでしょう。

だから反対もされなかったし、遅すぎたぐらいよ!と言われたのです。

私が病気を持ちつつも、真っ青になって働いているのを間近で見て、もう辞めた方がいいのにと心配していました。

ところで・・・

家族によっては、もちろん反対される人もいますよね。

事情は様々ですし、考え方もそれぞれ違う。

退職するには自分の意思・決断が一番大切なので、必ずしも家族の同意を得る必要はありません。

でも、家族の意見って意外と参考になるし、よく見ているなーと思います。

人の意見はほどほどに聞くべきだけど、家族の意見を全く無視すると後々苦労します。

一応意見は意見として、身の周りの人の考えを聞くことはいいと思いますよ。

自分の意思は大事にしつつも、外野の反応もきちんと受け止める。

勇気出して、相談してみてくださいね。

わこ
わこ
以上、わこでした。

周りの意見は参考までにね。