教員

【命より名誉がほしいTさん】私の価値感がみんなに当てはまらないと思い知った話

わこ
わこ
お疲れ様です。

元小学校教員のわこです。

人によって、幸せの基準は違う

人によって、大切なものは違う

それは十分に分かっていたつもりの私。

でも、最近

わこ
わこ
うーん、人の価値感って

本当にさまざまだなあ。

と思うようなことがありまして。

そのもやもやを、この記事を書くことで消化させたいなと思います。

健康よりも大事なものって?

Tさんは、教員時代の私の大先輩です。

50代後半で、養護教諭をされています。

このTさん、若い頃に胃がんになるなど、これまでにもたくさんの大病をされています。

そのため、子どもと同じ給食は一切口にされませんでした。

飲み物も自宅から持参した特別な飲用水。

玄米生活とヴィーガン主義を徹底されています。

養護教諭ということもあってか、健康には人一倍敏感に気をつけておられました。

私たち周りの同僚も、Tさんの気持ちを尊重し、様子を見守っていました。

50代になると、以前に増して病気がちになられ、たびたび入院するようになりました。

繰り返される病休と休職。

周りの誰もが、

学校という過酷な現場でTさんが働くことがもう難しいのでは・・・

と思って思っていました。

しかし、Tさんから発せられた言葉は、意外なものでした。

私は定年まで絶対辞めない。

定年退職することが、私の名誉のすべて。

どんなに病気になっても、健康より定年退職の方が、はるかに大事。

定年退職という名誉が、切実にほしいTさん

Tさんの想いを聞いて、私はとても驚きました。

だって、Tさんは養護教諭だし、

誰よりも「健康の方が大事」だと考えていると思い込んでいたからです。

自分の命より、定年退職する名誉がほしい。

これが、Tさんの本音でした。

50代後半ということもあり、定年まであと少し!という気持ちもあるのでしょう。

それに、これまでたくさん病気をしながらも

ここまで辞めずに食らいついてきた執念

みたいなものを、Tさんから感じ取りました。

60歳まで勤め上げたという名誉

のために、Tさんは今も現役で勤務されています。

人によって「大事なものが違う」のを認める

病気をして退職した私なんかにしてみたら、

わこ
わこ
自分の健康より

大事なものってない!

と思うのですが。

世の中には、さまざまな価値感があって。

自分の命や健康より、手に入れたいもの、守りたいものってあるんだなと

ある意味勉強になりました。

もちろん、私は私の価値感を変えるつもりはないし、自分の退職を後悔することは1ミリもありません。

でも、私の考え方がすべてではないですものね。

お金、家、土地、家族、肩書き、名誉・・・

人それぞれに大事にしているものがあって。

それは誰にも非難することはできません。

それでいいのだと思います。

みんなが、自分の意思を大切にし、自己実現に向かってがんばればそれでいいですよね。

この記事を書きながら、Tさんに対して感じていたもやもやが晴れてきました。

私も他者理解がまだまだですね!

Tさん、学びの機会をありがとうございました。

わこ
わこ
以上、わこでした。

他者理解をもっと深めたいな。

【みんな違ってみんないい】定年退職まで勤め上げる人生も、またすばらしいものだ 年始に入り、年賀状などを通じて 還暦を迎えました! 今年は定年退職です! というご挨拶をたくさんいただ...